【イノベーション事業:インバウンド事業】

【イノベーション事業:インバウンド事業】

【イノベーション事業:インバウンド事業】※費用は別途お見積りいたします

コロナ禍による影響で、現在国内のインバウンド需要をはじめ、その関連の航空、観光需要などは蒸発しています。

まだ解決の目処が立たない中ではありますが、長い視点でものごとを大局観で捉えてみると、

インバウンド重要は、順を追った規制緩和のもと、今後復調に向かうと予測しています。その逆のアウトバウンド需要もしかりです。

コロナ禍から抜け出したのち、
年数は掛かるかと思いますが、感染症対策を踏まえ新たなインバウンド需要が復調すると思っております。

逆境の時こそ新たなイノベーションが生まれます。先を見据えて、支援策などをコンサルティングにより推進していきます♪

プラン内容
・ワーケション支援
・新たな観光周遊ルート策定支援
・感染予防対策=おもてなし マニュアル策定支援
・事業提携、連携など
・観光資源の再発掘


補足
観光公害への対策も同時に講じます

以下用語解説
観光公害は、観光客や観光客を受け入れるための開発などが地域や住民にもたらす弊害を公害にたとえた表現。英語ではOver tourism(オーバーツーリズム)。

インバウンドとは「入ってくる、内向きの」という意。「外国から自国への旅行」や「自国への外国人旅行者」。

アウトバウンドとは、上記の反対。いわゆる出国。

ワーケーションとは「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地で休暇を取りながらテレワークする働き方。


10/8
航空関連の人材の、雇用を支える働きかけも同時に考慮していきます。現在、航空需要がなかなか回復しない影響です。人材の新たな雇用先確保のための施策、連携など


過去、代表は航空関連の事業に携わった経緯があります。偶発的にも、当時はその道には進めませんでしたが、当時得た知識やノウハウは、今後も活用していきたいと考えています。


「航空インフラ」
島国の日本にとって、世界とつながる航空インフラは今後も不可欠かと思います。この航空インフラへの支援策への提言も行います

    ¥0価格