検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

高校生の時からの連動

高校時代と社会人時代の連動


高校生のときは、全国屈指の強豪部で、3年間部活を経験しました。水上スポーツの部活です。


毎日練習漬けでありました。


指導が大変厳しく、3年目の主将時は、とくに大変な日々でした。未だに夢で部活で辛い練習をしている夢を見ることもあるくらいです。


そこでは、俗に言う「忍耐力」は鍛えられたのかもしれません。継続して納得いくまでやりきる力です。


ただ、今思うと、時代錯誤の無駄なことが多かったと考えています。


授業前の朝練習

昼休みの昼練習

オーバートレーニング

ウエイトに頼った技術なしのトレーニング

練習中の無駄な掛け声

無駄な挨拶

水分補給ができない

ミーティング等々


です。


もちろんですが、指導いただいたことは感謝しています。規律やルールを守ることは大事です。


ただ伝統や無駄な所業は、効率が悪いと感じていました。


それから、約10年


そのフラストレーションが、社会人での効率化を意識することに繋がっていると思います。物事は連動しているのかもしれません。


よいことはどんどん伸ばし取り入れ、変化していきたいです。ワクワクするような、新しいことを日々行いたいです。


伝統やしきたりのようなものも文化として大事かとは思います。それをビジネスに取り入れることでブランド構築もできます。


要は、良いところは取り入れ融合、変化しくべきではないかと思います。


このコロナ感染症時にも、守りに徹するも大事かとは思いますが、奪い合いではなく、同業で連携しいいところを伸ばす努力が必要なのではないかと思います。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは