検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

短期視点の積み重ね

最終更新: 2020年6月22日

新型コロナ感染症の拡大前には、世間的に短期需要が拡大傾向にありました。 


一例ですが、雇用面では、短期のギグワーカーと呼ばれる短期労働の需要の拡大です。


ただ、今後、短期も重要ですが、短期の積み重ねによる中長期的な視点も必要となります。


一年、三年、五年、十年と、長いスパンで計画を練る視点です。雇用の例だと、スキル構築による短期から中長期的に雇用安定、キャリア向上をさせる要素が必要であると思います。


難しいことは、先のことは偶発的に起こる事象の上にキャリアなどは積み重ねられることがあり、見えない、分からないということはあります。


結論としては、先のことは分からない中でも、短期的なひとつひとつの判断、事象の積み重ねが連動して先につながるということはいえます。


経営面も、目先の利益にとらわれずにありたいものです。


ビジネスもプライベートでも、短期的なことをひとつひとつ積み重ねていくことかとは思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【与えること】

【与えること】 ものごとでは、相手になにかをしてあげる、与えることを心掛けています。 そして、与えたことに対しては見返りは期待してはいけないのかもしれません。 見返りを求めると、変な期待や欲望も出てくるためです。 与えることを意識して、見返りは求めない期待しないということです♪ 【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】 https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHP

【何かを得るためには、何かを捨てなければならない】

【何かを得るためには、何かを捨てなければならない】 このようなニュアンスの格言は多いといえます。 何かを得たい時に、代償として捨てなければいけないものがでてくるという意です。 それは、時間であったり、お金であったり、労働時間であったり、さまざまです。 得るものとの等価交換となるのかもしれません。 たとえば、資格勉強もそうですね。 時間やプライベートをその分捨てて新しい資格を得ようとする行為などです

【デザイン経営】

【デザイン経営】 デザイン経営とは、デザインの力をブランドの構築やイノベーションの創出に活用する経営手法といわれています。 これは、人(ユーザー)を中心に考えることで、根本的な課題を発見し、これまでの発想にとらわれない、それでいて実現可能な解決策を、柔軟に反復・改善を繰り返しながら生み出すことといわれています。 当団体においても、デザイナーさんにご協力頂きながら、ホームページやSNSなどのデザイン