検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

守り=攻めること


現在、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、景気の悪化が危惧されています。景気の悪化に伴い、サプライチェーンのように雇用が減少傾向にあります。


過去の歴史を振り返ってみても、この景気と雇用の連動性は密接なものがあります。


そして、その雇用に携わる人材ビジネスは現在、雇用の維持を中心に取り組んでおり、かつ、雇用の拡大に向けては少しずつ復調しているように思えます。


ただ、景気との連動性が高いため、まだ先行き不透明な情勢下を鑑み、急な回復は難しいと思われます。


そんな中、ビジネス人や、団体としては、現実維持の守りに入ることが多いように感じております。助成金などの拡充もあることから、流動時期ではなく、守りの時ともといえます。


ただ、個人的には、このような不安定な情勢下だからこそ、新規人材の確保や、新環境へ身を置くということもなどに取り組むべきではないかと思っています。


要するに、良い人材の早期確保、良い環境の早期確保です。悪いときこそ、早い動き時だと思っています。


そのため、以前にも述べてましたが、この情勢下でシロモチグループを創設したしだいです。


話は戻り、もちろん、守りをした上で、できる対策を講して、かつ財務面の強固さがきちんと担保されている上での判断が大切だと思います。


また、一方、この新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、ビジネス人と団体との間に、埋められない溝(価値観のズレ等)が生じている人も多いと思います。また、今後の復調に時間が掛かる業界業種が明確になりつつあります。そのため、景気回復に伴い、転職情勢は好転に向かうと考えられます。


別の観点では、悪いときの業界業種こそ、大きく転換し成長できるレバレッジの高い環境かもしれないという観点もあります。旅行や航空業界、イベント、自動車、人材業などは、今後大きく成長できる観点かもしれません。


まとめとなりますが、

悪いときこそ行動し、かつ守りの中でも攻める姿勢が大事なのではないかと思っているしだいです。また、環境が悪化している環境こそ、将来的には良くなる環境ということも鑑みる必要があります。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【リカレント教育】

【リカレント教育】 人生、一生勉強です一。 あらゆることで❗ 【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】 https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHPW/?utm_source=ig_web_copy_link #地域とともにいきる #シロモチグループ・ジャパン #SETOUCHI #雇用創出 #労務 #キャリア #自己成長 #地域創生 #コンサルティング #感情の

【地方創生とは】

【地方創生とは】 地方創生という言葉があります。 地方創生とは、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策といわれています。 そのためには、地域の魅力を再発見し、かつ多くのひとに知ってもらう広報が必要となります。 また地域人口の増加や雇用創出なども必要といえます。 特にいま、コロナ情勢下において地方の魅力が再発掘されています。 当組織におい

【与えること】

【与えること】 ものごとでは、相手になにかをしてあげる、与えることを心掛けています。 そして、与えたことに対しては見返りは期待してはいけないのかもしれません。 見返りを求めると、変な期待や欲望も出てくるためです。 与えることを意識して、見返りは求めない期待しないということです♪ 【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】 https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHP