検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

付加価値の提供

更新日:2020年5月1日

製造業、サービス業、卸売業、小売業など、あらゆる商売、商品には、


基本的には原価があり、原価に手数料(粗利益)を上乗せし販売することで商売が成り立つと思います。


安く買い高く売るという手法が鉄則とはいわれてます。


原価率に違いはありますが、基本的に安売りをしても利益は出ず運営はできないです。


数をこなせば損益分岐は大いに超える薄利多売はできます。もしくは、手数料を大いに上乗せしレバレッジを効かせた商売をすれば、その分リスクは生じますが効率性の高い商売となると思います。


そこは商品材料によって異なるとは思っています。


派生すると、そこから利益成長を常に出し財務強固をはかるのはもちろん、投資観点やROE数値、環境問題への対策など、求められるもの、考えることはどんどん増え無限大にあります。


話は戻りますが、


この手数料、付加価値を含めた値が、お客様の希望とマッチしているか、また、マッチしていなくても今後お客様がその手数料を先々、この商品を利用いただくことで、どのくらいの利益成長をもたらす(回収できるのか)、常に試算し考えていかないといけない点だと思っています。


私自身の


言葉で書くのは簡単ですが、難しい問題です!


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは