検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

付加価値の提供

最終更新: 2020年5月1日

製造業、サービス業、卸売業、小売業など、あらゆる商売、商品には、


基本的には原価があり、原価に手数料(粗利益)を上乗せし販売することで商売が成り立つと思います。


安く買い高く売るという手法が鉄則とはいわれてます。


原価率に違いはありますが、基本的に安売りをしても利益は出ず運営はできないです。


数をこなせば損益分岐は大いに超える薄利多売はできます。もしくは、手数料を大いに上乗せしレバレッジを効かせた商売をすれば、その分リスクは生じますが効率性の高い商売となると思います。


そこは商品材料によって異なるとは思っています。


派生すると、そこから利益成長を常に出し財務強固をはかるのはもちろん、投資観点やROE数値、環境問題への対策など、求められるもの、考えることはどんどん増え無限大にあります。


話は戻りますが、


この手数料、付加価値を含めた値が、お客様の希望とマッチしているか、また、マッチしていなくても今後お客様がその手数料を先々、この商品を利用いただくことで、どのくらいの利益成長をもたらす(回収できるのか)、常に試算し考えていかないといけない点だと思っています。


私自身の


言葉で書くのは簡単ですが、難しい問題です!


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ポジティブアクション】【再投稿】

【ポジティブアクション】【再投稿】 シロモチグループ・ジャパン語録 一「働く女性支援」一 ポジティブアクションとは、 ・営業職に女性はほとんどいない ・課長以上の管理職は男性が大半を占めている 等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。 ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマーク「きらら」活用させていただきます。

【名刺に頼らない】

【名刺に頼らない】 新しいビジネスパーソンと話をはじめる際に、まず名刺を差し出して、双方交換からスタートという流れが、まだまだ多いと思います。 ただ、いまも、そしてこれからも、多数のツールが出現し広まりつつあります。 公的な自己開示ページを有しておれば、その交換で事足りることも多くなるといえます。 たとえば、LINEやFacebook、Instagram、Wantedlyなどなどです。 名刺や肩書