検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【適正な人事考課】

【適正な人事考課】


シロモチグループ・ジャパン語録

一「鶴のひとこえ」一



適正な人事考課にあたり、下記の点に注意することが必要だといわれています。鶴のひとこえのような、乱暴な人事考課は避けて適正化をはかりたいものです。



【1】 ハロー効果

「良い面のみをみて、全て良く評価しがち・・・」

 

【2】 中心化傾向・極端化傾向 

「当り障りのない無難評価になりがち・・・」


【3】 期末効果 

「評価期すべてをみず、評価直前の出来事に目を奪われがち・・・」

 

【4】 寛大化傾向・厳格化傾向

「部下の反感をおそれ、甘い評価になりがち・・・」

 

【5】 対比誤差 

「評価者の視点で、評価者の得意分野は厳しく、不得意分野は甘くなりがち・・・」


【6】 論理誤差 

「事実を見ずに、1つのことからほかへ関連づけた論理だけで評価しがち・・・」


ほか逆算化傾向

「最終評価基準へコミットできるように、逆算して評価付けしがち・・・」


#シロモチグループ・ジャパン

#SETOUCHI

#全WEB対応可

#キャリア支援 #理念 #地域創生 

#自己成長

#インサイドセールス #感情の機微

#雇用創出 #ファンド化

#働く女性支援 #我慢しない

#ローカルニュース #スポーツアンバサダー

#人材紹介事業連携 #地域とともにいきる

#家族観 #結婚観 #BCP

#HRテック #真面目なおふざけ

#営業代行

#VRESAS #ワーケションマッチング

#コアタングループ・ジャパン

#創業半年

#アーティストアンバサダー

#ポジティブアクション

#キャリアに失敗はない

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは