検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【議論の余地なし】

【議論の余地なし】


最近では多様性を重視した観点を大事にするトレンドがあります。


多様な考え方や価値観は大切であり、かつ、その異なる価値観の交わりにより、さらに相乗して成長できる可能性があります。


ただ議論の余地すらない場面もあるものです。


それはいわゆる社風や風土、雰囲気、発言の端々などにあるものであり、


議論の土俵にも立てていない場面です。いわゆる下準備や下地の勉強、常識の欠如などです。


その時の議論は、時間を浪費してしまい、イノベーションもうまれません。


【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】

https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHPW/?utm_source=ig_web_copy_link


#地域とともにいきる


#シロモチグループ・ジャパン

#SETOUCHI

#雇用創出

#労務

#キャリア #自己成長

#地域創生 

#コンサルティング #感情の機微 

#営業代行 #インサイドセールス 

#VRESAS 

#キャリアに失敗はない

#人事労務支援の本物

#働き方を科学する

#イノベーション

#オンラインサロン

#モーニングコール

#ワーケション

#1コール90円

#ローカルニュース

#人材紹介

#家族観 #結婚観 #BCP

#私の履歴書

#徳島

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ポジティブアクション】【再投稿】

【ポジティブアクション】【再投稿】 シロモチグループ・ジャパン語録 一「働く女性支援」一 ポジティブアクションとは、 ・営業職に女性はほとんどいない ・課長以上の管理職は男性が大半を占めている 等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。 ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマーク「きらら」活用させていただきます。

【名刺に頼らない】

【名刺に頼らない】 新しいビジネスパーソンと話をはじめる際に、まず名刺を差し出して、双方交換からスタートという流れが、まだまだ多いと思います。 ただ、いまも、そしてこれからも、多数のツールが出現し広まりつつあります。 公的な自己開示ページを有しておれば、その交換で事足りることも多くなるといえます。 たとえば、LINEやFacebook、Instagram、Wantedlyなどなどです。 名刺や肩書