検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)】

【計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)】


シロモチグループ・ジャパン語録

一「たまたま」一


心理学者のジョン・D・クランボルツ教授によって1999年に発表された理論です。


ビジネスパーソンとして成功した人のキャリアを調査したところ、


そのターニングポイントの8割が、本人の予想しない「偶然の出来事によるもの」だったそうです。


このような偶然の出来事の積み重ねで、キャリアは形成されていくのかもしれません。


【計画的偶発性を起こす行動特性】

1 好奇心:新しいことに興味を持ち続ける 

2 持続性:失敗してもあきらめずに努力する 

3 楽観性:何事もポジティブに考える 

4 柔軟性:こだわりすぎずに柔軟な姿勢をとる

5 冒険心:結果がわからなくても挑戦する


主要団体:シロモチグループ・ジャパン

@shiromochi_group_jpn_official


関連団体:コアタングループ・ジャパン

@koatan_group_jpn_official


関連ページ:シロモチグループ・ワーケション

@shiromochi_group_workation


関連ページ:シロモチバイト開設予定 

@shiromochi_part_time_job


#シロモチグループ・ジャパン

シロモチグループ・#中四国

シロモチグループ・#SETOUCHI

#全WEB対応可

#キャリア支援 #理念 #地域創生 

#自己成長

#インサイドセールス #感情の機微

#雇用創出 #ファンド化

#働く女性支援 #イノベーション事業

#ローカルニュース #スポーツアンバサダー

#人材紹介事業連携 #産学官連携

#家族観 #結婚観 #BCP

#HRテック #真面目なおふざけ

#ブラック企業

#VRESAS #ワーケションマッチング

#コアタングループ・ジャパン

#アーティストアンバサダー

#物事の本質 #ポジティブアクション

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは