検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)】

【計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)】


シロモチグループ・ジャパン語録

一「たまたま」一


心理学者のジョン・D・クランボルツ教授によって1999年に発表された理論です。


ビジネスパーソンとして成功した人のキャリアを調査したところ、


そのターニングポイントの8割が、本人の予想しない「偶然の出来事によるもの」だったそうです。


このような偶然の出来事の積み重ねで、キャリアは形成されていくのかもしれません。


【計画的偶発性を起こす行動特性】

1 好奇心:新しいことに興味を持ち続ける 

2 持続性:失敗してもあきらめずに努力する 

3 楽観性:何事もポジティブに考える 

4 柔軟性:こだわりすぎずに柔軟な姿勢をとる

5 冒険心:結果がわからなくても挑戦する


主要団体:シロモチグループ・ジャパン

@shiromochi_group_jpn_official


関連団体:コアタングループ・ジャパン

@koatan_group_jpn_official


関連ページ:シロモチグループ・ワーケション

@shiromochi_group_workation


関連ページ:シロモチバイト開設予定 

@shiromochi_part_time_job


#シロモチグループ・ジャパン

シロモチグループ・#中四国

シロモチグループ・#SETOUCHI

#全WEB対応可

#キャリア支援 #理念 #地域創生 

#自己成長

#インサイドセールス #感情の機微

#雇用創出 #ファンド化

#働く女性支援 #イノベーション事業

#ローカルニュース #スポーツアンバサダー

#人材紹介事業連携 #産学官連携

#家族観 #結婚観 #BCP

#HRテック #真面目なおふざけ

#ブラック企業

#VRESAS #ワーケションマッチング

#コアタングループ・ジャパン

#アーティストアンバサダー

#物事の本質 #ポジティブアクション

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ポジティブアクション】【再投稿】

【ポジティブアクション】【再投稿】 シロモチグループ・ジャパン語録 一「働く女性支援」一 ポジティブアクションとは、 ・営業職に女性はほとんどいない ・課長以上の管理職は男性が大半を占めている 等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。 ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマーク「きらら」活用させていただきます。

【名刺に頼らない】

【名刺に頼らない】 新しいビジネスパーソンと話をはじめる際に、まず名刺を差し出して、双方交換からスタートという流れが、まだまだ多いと思います。 ただ、いまも、そしてこれからも、多数のツールが出現し広まりつつあります。 公的な自己開示ページを有しておれば、その交換で事足りることも多くなるといえます。 たとえば、LINEやFacebook、Instagram、Wantedlyなどなどです。 名刺や肩書