検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【団体組織と、団体組織を構成するひとについて】

【団体組織と、団体組織を構成するひとについて】

シロモチグループ・ジャパンの団体組織はじめ、満点の団体組織はないと思います。


理想像に近づけるよう、常に変化し、良いことや新しいことを積極的に取り入れ、団体組織の新陳代謝を促していきます♪


ひとにはそれぞれ、ゆずれない価値観や考え方、自己概念などがあります。


自己概念とは、自分で自分を捉えたときのイメージ、自己像のことで、「こう有りたい」というような理想像です。まわりのひとや環境によって形成されてきますが、本来の自己概念とは違う偽りの自己概念というものもあるようです(本来の有りたい自己ではないが、自己概念と思い込んでいる)。


こちらは、自己への理解、自己分析をして「自分がどんな価値観を持っているのか」、自分自身を知ることが大事かと思います。


自らの自己概念に合った、かつ自己が成長できる団体組織がマッチングすることで、相乗効果が生まれると思います♪この一致がないと、ミスマッチにつながります。


また、自らのキャリアを選択する際に、最も大切な価値観や欲求であるキャリアアンカーも大きく影響していると思います。 


価値観の共通する人材、キャリアアンカーが適した適材適所への人事などを意識していくことで、団体組織としてさらに成長し続けていけると考えています♪


#写真は高知県

#四万十川


#シロモチグループ・ジャパン

#中四国 #全WEB対応可 #三事業性 

#グループ連携 #シロモチブランド

#キャリア支援 #理念 #地域貢献 

#自己理解 #成長

#経験と実績 #インサイドセールス

#行動量 #マルチタスク

#雇用創出 #依存させないビジネス

#ファンド化 #台湾 #時差の超越

#働く女性支援 #AIコンサル

#イノベーション事業

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは