検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【代表について】

【代表について】


シロモチグループ・ジャパン語録

一「26の挫折」一



【26歳での経験】

当団体の代表について一部ご紹介させて頂きます。 


※基本代表が表に出ることは少ない団体で、マスコットキャラクターである「もっちーくん」がかわりに発信していますが


今後は、少しずつでも情報開示をし、さらなる公共性や信頼を高めていきます♪


当団体の立ち上げ前、会社員26歳のときの経験と、当団体立ち上げまでの思いを記載させて頂きます。


当時、サラリーマンの私は退職を経験しました。


理由は割愛しますが、そこで、新しく何がやりたいのか模索の日々が続きました。当時の段階から、団体を立ち上げるか悩んでいました。


当時、尊敬していた経営者が独立したのが26歳でした。この26という数字へのコミットもしたかったのかもしれません。


結局、当時は団体を立ち上げることはなく、あきらめ、かつ挫折し、また別のサラリーマンの道を選択しました。


尊敬しているある経営者らから「リスクを取れていない」といわれたこともあり、保守的になり、


いったん、自分自身に言い聞かせ、サラリーマンの道を全うしようと思っていました。


目指す頂点は、「雇われ社長」の「肩書き」で、与えられた権限で最大限に、新しいことを創造したいと決意しました。


ただ、私には、業務を遂行する中で、沸々と沸き上がるような概念が、ことあるこどに現れ始めます。これが、いわゆる自己のありたい概念なのかもしれません。


与えられた権限の枠を越えて、創造していきたい思いです。


肩書きとは、いわゆる役職やポジションなどです。この肩書きは組織外では、全く通用しません。


肩書きは、組織人事が人事制度に基づいて決定します。ただ、いまだに社内政治のような、忖度がされた人事もあると聞かれます。


また、来たる定年退職のとき、この肩書きが外れ、組織の中でしか活躍できない、組織からいわゆる「与えられた権限で全うする」ことは、


私にとって、= (イコール)

「他人から与えられた人生を歩んでいることと同じ」であるという同義語に感じました。


【代表の自己の概念】

代表は、「主体的」「新しいことを創造したい」「楽しいことをしたい」などの概念に、強いこだわりを持っていました。


今は亡き祖父母が個人事業主として、飲食店を経営していました。両親はサラリーマンとして共働きでした。そんな中、祖父母にしごとの合間をみて面倒をみて頂いた記憶を、いまでも、強く思い起こせます。


祖父母の仕事の姿勢や、顧客との関係性をみて、尊敬していました。


中・高校生の思春期の時、この上記の概念やありたい思いが、抑制されたことで矛盾や揺らぎを感じました。


高校生当時の代表は、  


全国大会優勝の常連でもある、強豪高校に進学したことがきっかけです。


伝統的や過去の歴史などを重んじる部の風土がありました。時代錯誤のウエイトトレーニングでのパワー重視の練習、ロジックや技術ではなく、意味のない根性論に近い指導など、


創造を重視したい価値観が、大いに抑制されました。


その抑制がきっかけとなり、創造したいという思いから、大学での報道活動(執筆、広告作成など)へうつり(当時はスポーツに対しての創造性を表現したかった)、社会人へのサービスの創造へつながっていった経緯があるといえます。


さらに、社会人・サラリーマンでの新規事業立ち上げを経験したことで、その思いはビジネスで具現化していきました。


そして、来たる3年後の、現在の代表が、経営理念のもと、当団体を設立しました。


【代表経歴ページ】

追ってホームページなどにて公開予定です。Coming soon


※現在は、マスコットキャラクターであるもっちーくんが、公開も兼ねて頻繁に登場しています。


関連団体:コアタングループ・ジャパン

@koatan_group_jpn_official


関連ページ:シロモチグループ・ワーケション

@shiromochi_group_workation


関連ページ:シロモチバイト開設予定 

@shiromochi_part_time_job


#シロモチグループ・ジャパン

シロモチグループ・#中四国

シロモチグループ・#SETOUCHI

#全WEB対応可

#キャリア支援 #理念 #地域創生 

#自己成長

#インサイドセールス

#雇用創出 #ファンド化 #時差の超越

#働く女性支援 #イノベーション事業

#ローカルニュース #スポーツアンバサダー

#人材紹介事業連携 #産学官連携

#家族観 #結婚観 #BCP #経験

#HRテック #真面目なおふざけ

#ブラック企業

#VRESAS #ワーケションマッチング

#コアタングループ・ジャパン

#アーティストアンバサダー

#ギグワーク

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ポジティブアクション】【再投稿】

【ポジティブアクション】【再投稿】 シロモチグループ・ジャパン語録 一「働く女性支援」一 ポジティブアクションとは、 ・営業職に女性はほとんどいない ・課長以上の管理職は男性が大半を占めている 等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組をいいます。 ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマーク「きらら」活用させていただきます。

【名刺に頼らない】

【名刺に頼らない】 新しいビジネスパーソンと話をはじめる際に、まず名刺を差し出して、双方交換からスタートという流れが、まだまだ多いと思います。 ただ、いまも、そしてこれからも、多数のツールが出現し広まりつつあります。 公的な自己開示ページを有しておれば、その交換で事足りることも多くなるといえます。 たとえば、LINEやFacebook、Instagram、Wantedlyなどなどです。 名刺や肩書