検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【ミスマッチ防止策②試用期間や雇用選定】

【ミスマッチ防止策②試用期間や雇用選定】


団体組織と、所属する「ひと」のマッチングにおいて、


ミスマッチにより、団体、ひとともに、互いに成長が阻害され、生産性が低下する、離職率の高まりなど危険性があります。


このようなミスマッチを防ぐ

適正なマッチング手法をご紹介していきます。


②試用期間や雇用選定


お互いにいわゆる「お試し期間」を設けることです。


※団体組織とひとが、対等な条件で納得して設けることが重要


たとえは、入社初期はお試しでアルバイトで雇用(条件は応相談)→社員登用などの流れ


このお試し期間をうまく活用すれば、短期的なミスマッチを防ぐことができる要素が高まるといわれています。 


適したマッチングとなる可能性が高まる一つの要素となると思います♪


このようなミスマッチ対策支援も行っております。


#ミスマッチ防止


#シロモチグループ・ジャパン

シロモチグループ・#中四国

シロモチグループ・#SETOUCHI

#全WEB対応可

#キャリア支援 #理念 #地域創生 

#自己成長

#インサイドセールス

#雇用創出 #ファンド化 #時差の超越

#働く女性支援 #イノベーション事業

#ローカルニュース #スポーツアンバサダー

#人材紹介事業連携 #産学官連携

#家族観 #結婚観 #BCP #経験

#HRテック #真面目なおふざけ

#ブラック企業

#VRESAS #ワーケションマッチング

#コアタングループ・ジャパン

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【与えること】

【与えること】 ものごとでは、相手になにかをしてあげる、与えることを心掛けています。 そして、与えたことに対しては見返りは期待してはいけないのかもしれません。 見返りを求めると、変な期待や欲望も出てくるためです。 与えることを意識して、見返りは求めない期待しないということです♪ 【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】 https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHP

【何かを得るためには、何かを捨てなければならない】

【何かを得るためには、何かを捨てなければならない】 このようなニュアンスの格言は多いといえます。 何かを得たい時に、代償として捨てなければいけないものがでてくるという意です。 それは、時間であったり、お金であったり、労働時間であったり、さまざまです。 得るものとの等価交換となるのかもしれません。 たとえば、資格勉強もそうですね。 時間やプライベートをその分捨てて新しい資格を得ようとする行為などです

【デザイン経営】

【デザイン経営】 デザイン経営とは、デザインの力をブランドの構築やイノベーションの創出に活用する経営手法といわれています。 これは、人(ユーザー)を中心に考えることで、根本的な課題を発見し、これまでの発想にとらわれない、それでいて実現可能な解決策を、柔軟に反復・改善を繰り返しながら生み出すことといわれています。 当団体においても、デザイナーさんにご協力頂きながら、ホームページやSNSなどのデザイン