検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【シロモチグループ・ジャパンの名称について】

【シロモチグループ・ジャパンの名称について】まとめ


「白餅コンサルティングファーム」という屋号からスタート


その後

→「シロモチグループ」

→「シロモチグループ・ジャパン」に改称した経緯があります。


初期の旧・白餅コンサルティングファームは、グループ傘下として残していく方針です。


名称の意味合いとしては、基本的な理念はそのままでありますが、(別ページの記事参照)


1 分かりやすく、キャッチーに

ある法人様を模倣していますが、分かりやすくカタカナ表記にしています。


2 グループ

今後、グループを増加させたい意向です。ひとつの事業だけにこだわらず、連携を行えるような多事業にしていきたいという思いを込めています。


まずは、ユニコーン🦄と呼ばれるような存在を目指して精進していきます。


ユニコーンとは、

「噂には聞くが誰も見たことがない」という、ギリシャ神話に出てくる伝説の一角獣のたとえです。


そして「ジャパン」という文言を付け加えた意味合いとしては、


アジアを中心にした人材、組織コンサルティングループへ成長させたいという意を込めて、「・ジャパン」という日本支社であるような意味付けをしています♪


海外支社の候補地としては、台湾を一候補地としています。


海外拠点を設けることで「時差の壁」を超越することができ、24時間の稼働、労働生産性が飛躍的に向上できるメリットもあると判断しています。



以上、当団体の名称の意味合いでした♪


#シロモチグループ・ジャパン

#中四国 #全WEB対応可 #三事業性 

#グループ連携 #シロモチブランド

#キャリア支援 #理念 #地域貢献 

#自己理解 #成長 #感情

#経験と実績 #インサイドセールス

#行動量 #マルチタスク

#雇用創出 #依存させないビジネス

#ファンド化 #台湾 #時差の超越

#働く女性支援 #AIコンサル

#イノベーション事業

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こちらのブログ記事ですが、 SNS(Instagram、Facebook)へ同時に、公開しておりましたが、 今後は上記SNS(Instagram、Facebook)のみへ公開に統一予定です。 ぜひ引き続きご覧くださいませ♪ 記事の構成要素が多数ございますので、今後こちらのブログは、趣旨に応じてカテゴリー分けを行う予定です。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 【SDGs「(持続可能な開発目標)

【マッチング】 就職や転職は、 その使用者組織と労働者とのマッチングです。 条件面がお互いに合致しなけばマッチングは成立しません。 このマッチングは、恋愛とも似ているといわれています。 恋愛では、条件面だけではなく、その雰囲気や相性、将来的なビジョンなど、あらゆる 要素を加味して、お互いにマッチングしなければ成立しません。 これは対使用者組織と、労働者にもいえると思います。 つまりは、マッチングは

【メンテナンス】 心と体のメンテナンスを、定期的に行うことが重要です。 法規定においては、使用者は、定期健康診断や、ストレスチェックなどを行う規定ががあります。 このように、都度、定期的に心身のメンテナンスを行うことで、 その状態を確認でき、その状態に応じて対策ができます。 たとえると、製造業の有形商材でも同じように、定期的なメンテナンスは欠かせません。 無形であるひとも同じように、メンテナンスは