検索
  • シロモチグループ・ジャパン代表

【シロモチの履歴書④水上で走る】

【シロモチの履歴書④水上で走る】


シロモチの過去を思い起こす一。



「Start With in 10 Seconds,・・・・」


係員の声が、拡声器から大きく聞こえる。


「Go!」


掛け声と同時にピストルの号砲音がバンっと鳴り響き、


一斉に9艇のカヌーがスタートする。


「ス―ン、ス―ン、スーン、スン、スン、スンスン」ー。


カヌーのオールを回しながら、ひとかきごとに、推進力を増していくカヌー。


どんどんスピードをつけて進んでいく。


横の船は強豪選手だ。


前を先行されている。


前の選手の船が立てる後波により、


カヌーが大きく揺られる。


「ぐらん、ぐらん、ぐらん」


カヌーはその波を受けながらも進む。


ときたま、風や波も強く転覆しそうになり、オールで湖面を大きく強く叩きバランスを取りながら進む。


悪天候や荒波の日には転覆する可能性もある危険な部分もある。


高校生はライフジャケットは着用必須だ。


腰を交互にリズミカルに半回転させながら、その反動を利用して、オールを回転させていていく。


オールを回す時、大きな水の「玉」が後ろに飛んでいく。


「ラストスパート」。


さらにオールの回転数を高めていく。


「息が上がって苦しい―」。


水上のためゴールテープはなくポンツウと呼ばれる目印がある。


見えないそのポンツウの水上のゴールに向かって、船を進め、最後まで漕ぎ進める。


ゴールの付近の岸からは、


観客の歓声が聞こえてきた。「いけー!頑張れ一!」。


そしてゴール一。


湖面に船を浮かべて、その上でだらんと腕を下げ、肩で大きく息をする。


「はあ、はあ、はあ、はあ」。


「負けたんだ」一。


カヌーの上に乗りながら三年間が終わったと思った。


それは、コバルトブルーの美しい空と、そして美しい湖だった。



高校生時、水上スポーツを経験した。


「カヌー」というスポーツだ。


カヌーは、海や湖、濁流など幅広い場所で行う。


高校生時、その中でいわゆる「カヌースプリント」と呼ばれる部門のスポーツをしていた。


旧称は、2009年当時、フラットウォーターレーシングとも呼ばれていた。


その名の通り、フラットな水(湖や池など)で、単純にカヌーの進む「速さ、スピード」を競うスポーツ部門である。


一人乗り、二人乗り、四人乗りのカヌーがあり、


かつ、カヤックとカナディアンという種目に分かれている。


一般的なイメージを持たれるカヌーはいわゆる「カヤック」であり、私はそのカヤックをしていた。


腕でオール(パドル)をクロールのごとく回し、その推進力でカヌーを進めていく―。


カヌーの中では、足や腰を使い、その反動を利用して連動して腕を回転させている。


船の中でも足腰を連動させるため、いわゆる「水上で走る陸上競技部」とも感じていた。


上半身だけの運動のようにイメージされがちだが、全身を使う全身運動のスポーツである。


高校三年間のすべてをこのスポーツにささげたといっても過言ではない。


私が通っていた高校のカヌー部は、全国大会で何度も総合優勝しているいわゆる名門校だった。


学校が始まる前の朝練、昼休憩後の昼休みを活用しての昼練、


そして、放課後の本練習と部活一色の生活だった。


だが、練習のかいなく思ったような成績は残すことができなかった。


高校生の大会は、インターハイと国体が大きな全国舞台である。


だが、結果どちらも残念ながら出場することはできなかった。


高校三年生時には主将を経験した。


ひとをまとめ上げるということは容易ではないと高校生ながら感じた。


高校生といえど強豪校である。


強豪校のメンバーは個性多様で我も強い。


当時の経験が、多様性を重視する、活かすという観点で、現在にも通じているのかもしれない。


最後の県大会予選の試合となった日。暑くなりつつある6月。


インターハイ出場がかかる選考に敗れ、かわりに、ほか部員らがインターハイ出場を決めた。


湖面に浮かべてたカヌーの上に乗りながら、「三年間が終わった」と思ったが、


見上げた空は、コバルトブルーの美しい空、そして、美しい湖だった一。


【SDGs「(持続可能な開発目標)」策定】

https://www.instagram.com/p/B_v7ugPgHPW/?utm_source=ig_web_copy_link


#地域とともにいきる


#シロモチグループ・ジャパン

#SETOUCHI

#白餅

#雇用創出

#労務

#キャリア #自己成長

#地域創生 

#コンサルティング #感情の機微 #働く女性

#営業代行 #インサイドセールス 

#VRESAS 

#キャリアに失敗はない

#人事労務支援の本物

#働き方を科学する

#イノベーション

#オンラインサロン

#モーニングコール

#ワーケション

#コアタングループ・ジャパン

#ローカルニュース

#人材紹介

#家族観 #結婚観 #BCP

#私の履歴書

#徳島

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【累計勉強時間】進捗⑪

【累計勉強時間】進捗⑪ ~8月2日 計700時間 達成 目標1,000時間に向けて進捗 現在、代表は新たな国家資格の取得に向けて、空き時間を活用しながら勉強中です。 普段の業務や生活がある中で、なかなか時間を捻出するのは苦労しますが、日々少しずつでも時間を積み重ねていきたいです。 累計時間が増加することで、モチベーションもアップするといわれているため、可視化できるよう、完全に個人的な進捗ですが、累